ホーム > 賃貸住宅管理業者登録制度

賃貸住宅管理業者登録制度

賃貸住宅管理業者登録制度とは

賃貸住宅管理業に関して一定のルールを設け、管理業者の業務の適正化を図るとともに、貸主と借主の利益を保護するため、平成23年12月1日から国土交通省告示による任意の登録制度が施行されました。
この制度の対象には、貸主から委託を受けて賃貸住宅の管理を行う事業者の他、サブリースにより管理を行う事業者も含まれます。

登録を受けた賃貸住宅管理業者は、管理事務の対象や契約内容について重要事項説明や契約書の交付、貸主に対する定期的な管理事務の報告などのルールを遵守することになります。
本制度では、貸主、借主、管理業者間に適正なルールを設け、信頼関係が構築されることで、紛争の未然防止や適切な管理を行う事業者が評価されることにより、賃貸住宅管理業の健全な発展に寄与することが期待されています。

※上記より、制度概要(登録規定、業務処理準則等)、Q&A、登録申請方法、登録事業者情報等を確認することができます。

全宅管理におけるサポート内容

全宅管理では登録制度の普及促進のため
Ⅰ 登録制度の普及促進を図り、賃貸住宅管理業の適正化を推進します
Ⅱ 賃貸住宅管理業者の業者登録をサポートします
Ⅲ 登録業者への情報提供・資質向上に努めます

全宅管理にご入会いただくと賃貸住宅管理業者登録制度に関して
様々なサービスを提供します(会員限定、無料)。
1.登録制度へのご登録をお手伝いします
2.業者票(標識)を初回無料、更新時会員価格にて提供します。
3.登録制度の解説書を贈呈します
4.登録業者所要の帳票類がダウンロードできます
5.登録業者の業務をサポートします

賃貸住宅管理業者シンボルマーク関係 頒布物

全宅管理では、(公社)日本賃貸住宅管理協会と共同で、登録制度シンボルマークステッカー等の企画・監修を行い、(株)たいせいより販売しております。
ステッカー等のご購入は以下の注文書によりファックスにてご注文下さい。
※ステッカー等は登録制度へのご登録業者だけが購入できます。未登録業者には販売できませんのでご注意下さい。

業務書式

本制度に登録した管理業者は、「賃貸住宅管理業務処理準則」に定める事項を網羅した書面を、貸主や借主に交付等することになります。
本会では、登録制度で最低限必要な事項を網羅した業務書式「参考版」及び全宅管理会員限定の実務対応書式「全宅管理版」の2パターンを策定いたしました。必要に応じて以下の業務書式をご活用いただき、適正な業務遂行の一助としていただければ幸いです。

全宅管理版

本会会員限定で策定した実務対応の業務書式です。「全宅管理版」の特徴は以下のとおりです。

  • 登録制度で求められている項目のほか、実務で必要とされる項目を網羅しています。
    (全宅管理が示している居住用書式をベースに作成しています。)
  • 参考版では示されていない業務書式もご用意しています。
  • 現在貴社でご使用の書式が、登録制度で求められる事項を網羅しているか確認できるよう、チェックリストをご用意しました。

全宅管理版書式は会員専用サイトに掲載しています。会員ログイン

参考版

本会と(財)日本賃貸住宅管理協会が共同で策定し、国土交通省が監修した「参考版」業務書式です。参考版の特徴は以下のとおりです。

  • 登録制度で求められている最低限の事項を網羅したものです。
  • 登録制度での必要記載事項かどうかがわかるよう登録制度の条番号を明示しています。
  • 現在貴社でご使用の書式等が、登録制度で求められる事項を網羅しているか確認できるよう、チェックリストをご用意しました。

参考版書式(国土交通省HPリンク)